同窓会​事務局挨拶

 加子母木匠塾は2019年度で25周年を迎え、すでにたくさんの卒業生が社会でご活躍されていることと思います。このたび卒業生の会として「同窓会」を整えることは、卒業してからも加子母に関わりやすくなったり、同窓会の開催はもちろん、現役生を様々な面でサポートできたり、現役生からの近況報告や卒業生と現役生の交流会の企画など、今後より一層加子母木匠塾を盛り上げることにつながると思います。

 同窓会の目的は、加子母木匠塾と卒業生の関係を密にし、加子母木匠塾の発展に寄与するとともに、卒業生相互の親睦を図ることであります。事業のひとつとして、個人情報保護法の遵守のもと、「同窓会会員名簿」を作成・管理いたします。ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。

2020年4月

加子母木匠塾同窓会事務局

 平成7年に始まった「加子母木匠塾」も今年で26年目を迎えました。ただ今年は、新型コロナウィルスの影響によりこれまでどおりの活動は困難ですが、現役の学生たちも受け継がれてきた木匠塾の活動を絶やさぬよう模索している状況です。
 そんな折ではありますが、現在直近の3代の総幹事が中心となり、OB・OGの皆様方の交流を深めていけるよう「加子母木匠塾同窓会(仮称)」の設立の準備を進めています。設立の趣旨は、会員の親睦を深めることと、加子母地域や木匠塾の活動サポート等を目的としています。
 その他具体的な内容については、今後皆様方にご意見をいただきながら進めていきたいと考えておりますが、まずは皆様にご賛同いただき、連絡網となる名簿の整理が必要となっています。
 つきましては、ホームページ内に「同窓会登録サイト」を設けましたので、同期の方々にもお声掛けいただき、ご登録いただきますようにお願い申し上げます。

2020年7月

加子母木匠塾同窓会事務局

 この度、来たる加子母木匠塾30周年(2024年)に向けて、木匠塾についてまとめた書籍の出版を企画しています。加子母木匠塾の歴史を振り返り、これまでの活動や制作物の他、OBOGの活躍をまとめつつ、加子母木匠塾の今後の発展に寄与するものとして本に残したいと思います。
 この意見に賛同した、既に同窓会に入会しているOBOG有志が集まり、編集委員会を立ち上げました。現在はオンラインでのミーティングにて、内容の検討を始めたところです。現時点の企画の詳細については、「木匠塾書籍企画書」を御覧ください。出版物としてまとめるためには、OBOGの皆様のご協力が欠かせません。原稿執筆や座談会への参加、アンケートへの回答、写真や資料、思い出やエピソードなどのご提供を依頼することもあるかと思いますが、どうぞご協力お願いします。また積極的に編集に参加してくれる方がいらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。

2020年12月

加子母木匠塾同窓会事務局