加子母匠塾

KASHIMO MOKUSHOJUKU

全国から集まった学生が加子母でを学ぶ

 平成7年から岐阜県中津川市加子母で行われている「加子母木匠塾」は、全国から集まった建築を専攻している大学生たちが森林や林業と深い関わりをもつこの加子母(かしも)という地域に集まり、木造建築実習に取り組む夏の合宿です。毎年学生たちで決めたテーマに基づき、公共の建物や学校遊具、バス停、公園のベンチなどを、地元の工務店の指導のもと製作しています。他では味わえない体験を求めて、最近では300人を超える学生たちが加子母に訪れます。自然や地域に溶け込みながら、大学での勉強だけでは習得する機会のない日本の伝統的な木造建築の技法も体感します。木材加工や施工を行うだけでなく、森林見学や間伐体験などを通して実際の森林や山村の現状を見ることは、国産材や森林の持続可能な利用について考えるきっかけとなっています。

名称       加子母木匠塾

ふりがな     かしももくしょうじゅく

英語表記     Kashimo Mokushojuku

所在地      〒508-0421

         岐阜県中津川市加子母3890-3

         ふれあいのやかたかしも

電話       0573-79-3669

メール      kashimo.mokusho@gmail.com

同窓会      kashimokusho@gmail.com

5
4
3 (17)
2
3 (12)
本工期始まりましたーVol.4_190409_0813
3 (32)
7
19-M (10)
9
12
10月幹事会_190409_0447
11
6
3 (19)